top画像左
top右

上手に活用した人の体験談を見てみる

キャッシングやローンを上手に利用した学生の体験から賢く利用する為のポイントを考えてみます。上手にキャッシングやローンを利用した学生さんの体験談を参考にしてみる。

返済は堅実にアルバイト・事前に返済計画を練って利用

上手にキャッシングやローンを利用した学生さんの共通点

大学生のアルバイト実施率割合 右の表は大学生の方がアルバイトを行っている割合です。 実は、キャッシングやローンの上手な利用方法はきちんとした返済計画の有無が全てです。

学部や学年、地域によってかなり差はあるとは思いますが、 実に60〜80%程の人がアルバイトをしている状況が読み取れます。

学生さんは実家に住んでいる場合では光熱費や食費はほとんど必要ありません。 一人暮らしの場合でも、親御さんからの仕送りなどで生活できる場合が多いです。

だから、 仮にキャッシングや学生ローンを利用した学生さんの場合でも、 しっかりとアルバイトを行えば返済に困る事は少ないと言えます。 というか、必要な分だけを短期間で借りる事こそが唯一の賢い利用方法と言えます。

実際に、学生向けキャッシングやローンに限らず、 お金の借入れを上手に活用した方の多くは返済がしっかり出来ていた事が共通点です。

ここでは仮にあなたがキャッシングサービスや学生専門会社のローンを利用した時に、 賢く利用できるように、もう少しだけ具体的に上手に利用された人の体験談を見ていきたいと思います。 基本は「必要な分を短期間で借りてすぐに返済する事」がポイントです。


とにかくお金に困っている学生さんは ▼こちらを検討してみて下さい

人気がある学生ローン会社
社会人として定職に就いていない学生さんが利用できるローンサービスは少ないです。急な入用に対応したい時でも安心して利用できる学生専用ローンです。

学生でも申込み可能なキャッシング
一般のキャッシング会社でも一定の条件を満たせば申込み可能な場合があります。 大手ならば条件も悪くはないですし、ブランド力はそのまま安心感の証になります。



就活費用に利用したAさんの場合

意外と費用がかかる就職活動の実態

就活は人それぞれですが、リクルートスーツ及び交通費、靴、かばんなどが最低限必要です。 特に交通費は、活動が本格化すればするほどお金が必要になってくるから大変です。

Aさんは二回生、三回生の時からずっと長期アルバイトをしていました。 就活スタート時にはある程度の貯金があり、 リクルートスーツなど一式を購入して就職活動には臨みました。 しかし、いざ就職活動が本格化すると会社説明など日程が様々で、思うようにバイトができなくなりました。

さらに、就職活動に本腰を入れ始めると、 会社説明会の交通費や昼食代などの費用で次第に蓄えが少なくなっていきました。 そんな時に学生ローンを知り、利用したのです。

最終的にAさんはアルバイトの出勤日数を減らしながらも、 就活とアルバイトを両立させて見事第一志望の企業から内定をもらったのです。

学生の就職活動費用の平均は約10万円

都市圏と地方圏の差などもありますが平均は約10〜12万円です。 多くの学生さんが各地で開催される説明会に参加し、その結果、経済負担が増加していると言える状況です。

奨学金のつなぎに利用したBさんの場合

奨学金貸与時期まで計算できていますか?

各種奨学金は実際に振り込まれるのは早くても5月です。 つまり大学に入学する際の入学金は、奨学金の貸与が間に合わない事が多いです。

実際に奨学金の中でも利用者が多い日本学生支援機構に関しても、 わずかながら貸与の時期とと入学金の支払いの時期に誤差が発生します。 入学金は合格発表後1週間以内とかかなり期限が早い場合が多いのです。

授業料も『3月中には要支払い』という場合が多いので、奨学金の貸与を待ってからでは遅いのです。 その様な状況で、Bさんはつなぎの融資として学生ローンを利用しました。

学生ローンの申し込みの際には事情を説明して新規の融資を受ける事が出来、 無事に憧れのキャンパスライフを満喫しているとの事です。

当たり前の事ですが返済計画が一番重要

計画といっても学生ローンの借入れはせいぜい50万円が限度です。 だから、無理をする必要はありません。 ある程度、完済までの収入が予測できていれば大丈夫と言えます。

もちろん一般的なキャッシングサービスを利用する場合でも利用可能枠は限られます。 その点は貸す側の方が熟知していると言っていいでしょう。


とにかくお金に困っている学生さんは ▼こちらを検討してみて下さい

人気がある学生ローン会社

学生でも申込み可能なキャッシング