top画像左
top右

大手に申込む際に注意したい確認点

学生がキャッシングを申込む際に注意したい確認事項を記載しています。学生さんがキャッシングやフリーローンを利用する前に確認しておきたい注意点とは?

申込みの際の記入事項に関しての注意

他社の借入れ状況は正確で正直に申告するべき

住宅ローンや自動車ローンを除く借入(キャッシングやフリーローン)などの借入れ状況は正直に記入する事が大切です。 適当な内容で申告しても信用情報機関へ照会されるとすべて判明します。

これは他社からの借入件数次第では審査が通らない可能性がある。という事です。 申込み時に適当な事を申告しても、他社借り入れ件数は信用情報機関への照会時にすべて判明するので件数を低く申告しても意味はありません。

複数の会社からの借り入れは危険

大手に限らずフリーローンやキャッシングサービスを利用する際には、借入と収入のバランスが最も重視されます。 無理な借り入れはもちろん駄目ですが、複数の会社からの借り入れを増やす事も避けたいものです。

基本的に学生さんや主婦の方はフルタイムで会社勤めをしている会社員の方などと比較して収入額は低くなります。 収入額から逆算すると返済可能な金額は計算できるはずです。

一人暮らしの学生さんならば家賃や仕送り、光熱費などを親御さんが支払ってくれているならば金銭的な余裕はありますが、 そうでない場合は無理をする事は禁物です。

一人暮らしの学生さんに多いキャッシング申込み関連の質問

本人確認書類に記載された自宅住所と現住所が異なる場合

フリーキャッシングをお申込みいただく際には本人確認書類が必要となります。 印鑑や保証人、担保は不要です。

学生さんなどでご両親と別々に暮らしている方でもフリーローン(キャッシングサービス)への申込みは可能です。

例えば、「一人暮らしで住んでいる住所と、本人確認の為に提出する運転免許証などの住所が異なる」といったケースなどが考えられます。 こういった場合でも現在住んでいる住所が記載された所定の書類を提出すれば申込み可能です。

当サイトでも紹介させて頂いているSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)などの大手サービスも所定の書類を用意すれば、 現住所と本人確認書類の住所が異なっていても大丈夫と明記されています。

▼SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)「お申込み条件と必要なもの」から引用

本人確認書類に記載された自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる方

現在お住まいの自宅住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーをあわせてご用意ください。

● 国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
● 社会保険料の領収書または請求書
● 公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
● 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

また、わからないことや相談したいことがあれば、公式サイトに問合せの電話番号が掲載されていますので、 直接電話してみましょう。SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)では公式サイトの右上あたりに電話番号が記載されています。

某有名匿名掲示板でも「使える!」と評判のキャッシング比較サイト(無料)

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



とにかくお金に困っている学生さんは ▼こちらを検討してみて下さい

人気がある学生ローン会社

学生でも申込み可能なキャッシング