top画像左
top右

その融資は本当に必要?

学生向けキャッシングやローンを利用する際の目的に関して客観的に考えるヒントを記載しています。学生キャッシングやローンを利用する際のヒントにしてみて下さい。

社会人でも難しいローンとの上手な付き合い

ローンと上手な付き合いイメージ 学生さんが各種キャッシングサービスや学生ローン会社を比較して、良さそうなサービスや業者を選び、 いざ申込!と考えている人も今一度キャッシングやローンの目的について考えてみてください。

キャッシングを利用する事、ローンを申込むという事は『 借金をすること 』です。 もう一度だけ、申込む前にその融資が本当に必要かどうか? という事を考えてみてからでも遅くないと思います。 その為の考え方とヒントを提供させて頂いております。


考え直したいキャッシングの利用・ローンの利用目的

賭け事・ギャンブル目的 身の回りを見渡しても娯楽はたくさんあります。社会人の方でものめり込む人が多いのが賭け事などです。学生さんは就職して働き出すまで自粛しましょう。
娯楽・遊び目的 健全な趣味であれば個人の自由ですが、夜遊びに関連した浪費や飲み歩きなど、およそ学生さんには不相応な事の為にお金を借りることはやめましょう。その他、友達づきあいも「金銭的に無理を感じる」という様な場合は断る勇気も持ちたいです。
浪費・贅沢目的 大学生の方で親御さんの経済的援助なしで進学・キャンパスライフを送っている人はいないはずです。学費を工面している親に対して申し訳ない様な無駄遣いはやめましょう。

こうして見るとほとんど当たり前の事しか記載されていません。 しかし、当サイトの情報を見て 『改めてキャッシングサービスの利用やローンの申し込みの理由を再確認』して頂ければ良いと考えています。

学生時代にしか出来ない事はたくさんあります。 一定の身分が保証されておりそれでいて有意義に過ごせる時間を多く取る事も可能な時期です。

社会に出て働く為の準備的な経験ができる余裕がある事も多く、 物事の色々な側面をじっくり考える事ができる時期でもあります。

その反面、社会人として働いている状態ではないので収入も不安定にならざるを得ません。 些細な事がきっかけでお金のトラブルや、 お金に困って学業をそっちのけでアルバイトをしなければならない状態に陥る事の無いように十分注意したいものです。


とにかくお金に困っている学生さんは ▼こちらを検討してみて下さい

人気がある学生ローン会社
社会人として定職に就いていない学生さんが利用できるローンサービスは少ないです。急な入用に対応したい時でも安心して利用できる学生専用ローンです。

学生でも申込み可能なキャッシング
一般のキャッシング会社でも一定の条件を満たせば申込み可能な場合があります。 大手ならば条件も悪くはないですし、ブランド力はそのまま安心感の証になります。



ローンやキャッシングの利用を誤るとどうなるの?

すでに学生ローン会社や学生でも利用できるキャッシングサービスを色々と比較・検討されている学生さんならばご承知の事かもしれません。 ローンやキャッシングの利用を甘く見ると、 どのようになるのかという事についておさらいさせて頂きます。

『 そんなのもういいよ 』 とおっしゃられる学生さん程、一度目にしておいて欲しい情報です。

ちょっとだけ・・・という気持ちが後々大きな問題に

キャッシングやローンの利用で典型的な失敗例として挙げられるのが多重債務状態に陥る事です。 賭け事や、浪費、贅沢などを繰り返し、気付いたらアルバイトの収入ではとても返済できない程の借金になっていた、 という事になれば大問題です。

多重債務とは

多くの借入先から借金を重ねて、返済が困難な状態のことをいいます。 最近では信用情報会社の統合などで、すでに借入が多い人が新たに借金をする事が難しくなる状況になりつつあります。 しかし、違法業者はこの限りではなく、むしろそういった弱みのある人がターゲットにされる可能性が高くなります。

日々無理な返済に追われている状態になれば末期です。 こうなってしまうと自力で抜け出すのは非常に困難になってきます。 そもそも、借金を返済する為にそれだけ収入を増やす努力をする必要が出てきます。 そうなると、学生さんの本分である勉強やキャンパスライフを犠牲にしなければならない事にもなりかねません。

その様な事はきっと親御さんも望んではいないはずなのです。 親に内緒でちょっとお金が必要という軽い気持ちが取り返しのつかない状況を招く危険性もある、 という事を念頭においてローンやキャッシングを利用したいものです。

改正貸金業法と学生ローンへの影響

上限金利の引き下げやみなし弁済制度の廃止など、 金利体系の適正化の為に2010年の6月に施行された法改正の事です。 その中でも、特に注目が集まったのが総量規制です。

その他にも、「貸金業の適正化」、 「過剰貸付の抑制」、「ヤミ金融対策の強化」、「多重債務者問題に対する政府を挙げた取り組み」 など、多岐にわたっています。

グレーゾーン撤廃のイメージ 改正貸金業法と学生ローンやキャッシングへの影響

学生さんが利用するキャッシングやローンで影響があるとすれば、 利息の上限が引き下げられた点でしょう。

この上限金利変更は、 貸金業者の出資法の上限金利が、年29.2%を超える金利から年20%を超える金利に引き下げられた事を受けての事です。

完全施行以降の金利
(2010年6月18日に施行)

@元金10万円未満の場合は年率20%
A元金10万円以上100万円未満は年率18%
B元金100万円以上は15%

学生さんが利用する専門ローンは、もともと金利は低めに設定されていましたが、 上記の理由でさらに金利が下げられる傾向にあります。

もちろん既存のキャッシングサービスを提供する消費者金融各社なども例外ではありません。 その分、敷居が低くなったことで学生さんが利用しやすくなっている事も事実です。 その点は安心して頂いても差し支えないと思います。


とにかくお金に困っている学生さんは ▼こちらを検討してみて下さい

人気がある学生ローン会社

学生でも申込み可能なキャッシング