top画像左
top右

融資申込み時の注意点

学生さんがキャッシングやローンでお金を借りる際に失敗しない為のヒントやポイントを記載しています。学生さんでお金を借りる場合には注意点などを参考にして下さい。

借りる金額と利息を知っておく

「完済するまでの計画を考えて利用する」これがキャッシングに限らず各種ローンで借入れする場合の鉄則です。 しかし一般的な大人も含めて出来ていない人が多いのも事実です。

学生向けのキャッシング・フリーローンという軽快な言葉で彩られてもお金を借りる事は事実です。 間違いのない返済を実行できる様にする為には利息や金利などについても知識をもっておきたいです。

借入金額と金利の計算式


借入金額と
金利の計算式
金利=借入金額 × 金利(年率)÷ 年間日数(365日)× 借入日数

金利18.0%で10万円を借りた場合の一日の利息:
10万円(借入金)×18%(金利)÷365×1日=49.5円

(※あくまでこれは目安です)

学生ローン主な分割金返済例


借入金額 返済
回数
返済金額 借入金額と金利の計算式
10万円  3回
10回
20回
30回
36回
34.400円
10.900円
5.900円
4.200円
3.700円
(元金×0.18÷365×利用日数)
※左記の金額はあくまで目安です。
実際の返済金額や金利などは申込左記で必ず確認してください。

実際に多い返済方式とは?
学生ローンの老舗業者さんは借入金額スライドリボルビング方式を採用している事が多いです。

借入金額スライドリボルビング方式:
最低限ひと月に1回の入金が必要となります。 借入金額10万円以下の場合は2,550円以上、10万円超20万円以下の場合は5,100円以上、 以下同様に2,550円ずつ加算(元金と利息を含む金額)となります。 追加借入をした時は、その直前の借入残高と追加借入金額の合計を借入金額とする場合が多いです。 ただし、全額支払いの場合は残元金と支払日までの利息を合わせた金額とする事となります。


とにかくお金に困っている学生さんは ▼こちらを検討してみて下さい

人気がある学生ローン会社
社会人として定職に就いていない学生さんが利用できるローンサービスは少ないです。急な入用に対応したい時でも安心して利用できる学生専用ローンです。

学生でも申込み可能なキャッシング
一般のキャッシング会社でも一定の条件を満たせば申込み可能な場合があります。 大手ならば条件も悪くはないですし、ブランド力はそのまま安心感の証になります。



問合せ・申込窓口も利用先の選択時の重要な判断材料

ウェブサイトで情報を探す事が主流になりつつある世の中で、 条件などの比較以外にも口コミや評判などの情報を収集する人が増加しています。 当たり前の話ですが、 情報を比較・検討する目的は、サービスや商品を購入する為だけではないのです。

窓口と印象 つまり同じ条件、同じサービス内容ならば今後も継続して利用しようと考える大きな要素になりえるのが、 申し込み先の担当者の誠意や親切な対応である、 という事も少なくありません。

もしあなたが『ローンを申込もう』と考えた時に、 初めてで段取りも分からず問い合わせをして愛想のない返答や、 感じの悪い対応をされたらどのように考えるでしょうか? もっと言うならば、そこでお金を借りようと考えるでしょうか?

結構重要な問合せ窓口の印象

上記の様な対応は、 大手の消費者金融になればなるほど全ての人の対応が均一化されています。 つまり、社内教育が徹底されているのです。

しかし、生身の人間には相性があります。 仕事上ではあってはならない事ですが、 相手は普通に接しているつもりでもコチラが不快に感じることも多々あります。 結局は、重要なポイントは借入先 の比較検討⇒ 口コミ評判の検証⇒ 実際の対応を見てみる という事になると思います。

やはり大手の会社は洗練されたサービスを提供してくれます

学生さんでもキャッシング関連大手のサービスに申込むことも可能です。 この場合、「20歳以上で一定の収入などがあること」が条件となりますが、 それらを満たしている場合は真っ先に申込みを検討したいです。

大手の会社はスタッフの教育も徹底されていますし、コンプライアンス(法令遵守)の意識も非常に高いです。 安心して利用できるという実感は申込み時のスタッフの応対などからも感じ取れると思います。


とにかくお金に困っている学生さんは ▼こちらを検討してみて下さい

人気がある学生ローン会社

学生でも申込み可能なキャッシング