top画像左
top右

世間の高学歴志向の傾向からみる学生ローン

『学生キャッシング・学生ローン比較サイト』の「世間の高学歴志向の傾向からみる学生ローン」のページです。「世間の高学歴志向の傾向からみる学生ローン」のページです。

不景気と世間の高学歴志向の傾向から家計の負担は増加

現在の様な不景気な状態であれば多くの企業は新卒者の採用枠を広げる事はあまりありません。 逆に経営状態が悪化している中小企業などは新卒の採用を見送る事もあり得ます。

そういった中でも就職活動は難しいというのが現状です。しばらくはこの状態が続く可能性が高く、 現在の中高生は当然高学歴というスペックを身につけたいと望む場合が多いです。

最低限「大学卒」という学歴を望む世帯が増加

とりあえず大学卒という学歴だけでは人気の就職先の内定を取る事は難しいです。 しかし、一方でそのとりあえずの大学卒の学歴だけでも付けたいと無理をする世帯もあります。 無理というのは学力的にという面の話もありますが、経済的な部分もあります。

何しろ高等学校から大学卒業までの学費の総額は1000万円以上必要という統計もあります。 実際に教育一般貸付(国の教育ローン)などを利用している方へのアンケート調査では、 年収の3〜4割も教育費に投じる年がある、という事も出ています。

つまりこれだけ世間は不景気な状況ですが教育費などに関しては下落している状況ではないのです。 むしろ少子化の影響で塾や予備校などは一人当たりに必要になる経費が多くなる傾向にあるのかもしれません。

世界的にも学費の負担は大きな問題

一方アメリカでも、住宅ローンの借り換え奨励策など、議会承認が必要ない一連の景気対策を発表している状況です。 住宅ローンの借り換え促進に向けた新規則や学生の負担軽減に向けた学生ローン関連規則の変更も発表されています。

この不況により失業者が学校に通いスキルを身につけようとしたり、そもそもそれ程経済的に余裕の無い状況の方々が、 学生ローンなどの融資に手を出す状況が目に付きますが、これは結構ヤバい状況と言えるでしょう。

それこそ一流企業に入社出来て年収などが多ければそういった負債は一気に消えてしまうかもしれませんが、 そうでない場合は長い間で支払う事が余儀なくされます。

ひと昔前では少しでも早く社会に出て働いて自分の世帯を持ちたいという人も多かっただけに、 今はそういった考え方自体がごく少数派になっているのも一つの要因かもしれません。

世帯主が45〜50歳代が一番キツイ家計の状況

30代でお子さんが生まれて、 その後に家族の増加と子供の成長の過程で「自動車の乗換え」 「住宅の取得」などを経てきた世代の方の子供さんが大学に進学する時期が45歳〜50歳代になります。

定年退職までの年数と、住宅ローンの繰上げ返済、教育ローンの返済、自分達の老後の資金など、 色々な面で綿密なライフプランが要求される時期と言えるでしょう。


とにかくお金に困っている学生さんは ▼こちらを検討してみて下さい

人気がある学生ローン会社

学生でも申込み可能なキャッシング